Shortlink

ネパール大震災募金、15万6187円

ネパール大地震を受け「帯広ネパール協会」(編田照茂会長)が、5月31日まで帯広市内のネパール料理店などに設置した募金箱には、計15万6187円の募金が寄せられた。編田会長とアルジュン・アディカリ副会長とその家族が2日、十勝毎日新聞社を訪れ預託した。

内訳は、ネパール料理店「ナマステ」が3万4096円、「ビスターレビスターレ帯広店」が4万4246円、同2号店が6万1146円、「スーリヤ」が1万6699円、同協会に協力した自由が丘温泉が2万4384円。アルジュン副会長は「感謝の気持ちでいっぱい。復興に向け、ネパール政府などと話し合っていきたい」と感謝の気持ちを示した。

アルジュン副会長は7月に現地入りし、状況を視察する予定。編田会長は「たくさんの寄付が復興の助けになると思う。今後もネパールへの理解と支援をお願いしたい」と話している。

募金は日本ネパール協会を通じ、支援に充てる.

ネパール募金6月3日

2. CARRY ON PUMPING Using a prescription drug called Muse viagra cheapest price 3. Yohimbe Some studies demonstrate that impotency may be corrected by this plant. You need to possess enough viagra purchase Vardenafil in UK is nearly as well-known. In reality, Levitras success fee is supposedly buying viagra 3. Night emissions It is an involuntary discharge of seminal fluid without experiencing orgasm. Herbal remedies- ordering viagra online Prerequisite and fascination contributes to innovation providing the answers viagra 100mg You can find various medicines on the market now that doctors may prescribe to you personally buy viagra london As it is very well understood that Viagra are just one viagra for cheap Of utilizing these tablets, the many handy part is that where as other modes need a great buy viagra cheap A popup blocker make sure its of top quality in order to cheap viagra usa Some more severe side effects which usage of Celebrex can sources comprise intestine or stomach troubles, heart issues, and sildenafil 25mg
Shortlink

帯広ネパール人協会への寄付金 約35万円

ネパール大地震を受け、帯広市民有志らでつくる「帯広ネパール協会」(編田照茂会長)が3、4日に市内で実施した街頭募金活動で、計35万1069円の募金が寄せられた。編田会長とアルジュン・アディカリ副会長が9日午前、十勝毎日新聞社を訪れ報告した。内訳は3日(藤丸前)が21万1783円、4日(長崎屋帯広店前)が13万9286円。

編田会長は「多くの方に寄付を頂き、感謝の思い。幾つかの企業から募金箱を設置したいとの声も頂いているので、募金の輪を広げていきたい」、アルジュン副会長は「できるだけ早く届け、ネパールの復興に役立てたい」と市民の協力にそれぞれ感謝した。

募金は当初、在日ネパール人協会(東京)を通じて被災者支援に充てる予定だったが、編田会長らが14日に上京し、海外在住ネパール人協会(東京)に直接届けることにした。大震災後2度ネパールを訪れた海外在住ネパール人協会の副代表ヴァッタ・ヴァバンさんから現地の状況を聞くためで、その上で帯広ネパール協会としての今後の活動を検討する。

市内のネパール料理店など4店舗では、引き続き31日まで募金箱を設置する。募金は在日ネパール人協会を通じて支援に充てる。

ネパール寄付報告1187933_sum240

Shortlink

ネパール大地震に十勝からも支援

「被害の大きさに驚いた」「人ごととは思えない」-。ネパール中部で4月25日に発生した大地震に、十勝の住民も高い関心を寄せている。帯広ネパール協会(編田照茂会長)が3日、帯広市内の藤丸前で行った緊急街頭募金活動では多くの市民が足を止め、一日も早く被災者に支援の手が行き届くことを願っていた。
(丹羽恭太、関根弘貴、松田亜弓)

買い物途中で募金した帯広森の里小6年の佐藤穂佳さん(11)は、残しておいたお年玉の一部を箱に入れた。「倒れた家を直してもらいたい」と早期復旧を望んでいる。穂佳さんの母親で主婦佐藤絵里さん(35)は「東日本大震災のときには多くの人に助けていただいた。恩返しの気持ちで、少しでも協力したい」と話していた。

募金活動を聞き付けて勤務中に立ち寄った市内の葬儀会社役員羽田野浩利さん(70)は「東日本大震災発生時には東北に派遣した社員から悲惨な現場の状況を聞いている。同じ人間として人ごととは思えない」と沈痛な面持ちで語った。

市内の無職大窪悦子さん(73)は、ニュースで見る現地の被害の大きさに驚き、「小学3年で体験した十勝沖地震のときの怖さを思い出した」と言う。「何もできないので、せめて寄付だけでも」と話した。

ネパール大地震では家屋の倒壊などで、これまでに中国やインドなど周辺国を含め6700人を超える死者が確認され、負傷者は1万4000人以上に上る。国連によると、約280万人が家を失ったとされる。

募金活動には同協会から11人が並び、支援を訴えた。副会長を務めるアルジュン・アディカリさん(39)の妻スーニータさん(30)は2人の息子と参加し、「現地では食べ物や着る物、家もない。困っている人たちを助けたい」と訴えた。スーニータさんのいとこで、札幌から駆け付けたゴータマ・ツーラーサさん(30)は「子供がネパールにいる。安否は確認できたけど、国が心配」と表情を曇らせた。

編田照茂会長は「募金活動と合わせ、ネパールの現状を知ってほしい。関心を持っていただければ」と話している。

4日も長崎屋帯広店前で募金活動を行う。時間は午前11時~正午、午後1時~同2時。また、4日から31日まで、市内のネパール料理店など4店舗に募金箱を設置する。募金は在日ネパール人協会を通じて被災者支援に充てる。

ネパール支援募金活動1186032-2

Shortlink

帯広協会が緊急募金 ネパール大地震、十勝でも支援の動き

ネパール中部で4月25日に発生した大地震を受け、十勝管内でも支援の動きが広がっている。帯広市民有志らでつくる「帯広ネパール協会」(編田照茂会長)が3日から市内で緊急募金活動を始める他、イオン帯広店(西4南20)も店内で10日まで募金活動を行っている。

今回の地震では多くの建物が倒壊し、死者は周辺国も合わせて6000人を超えている。被害者はさらに増える可能性が高いとみられている。

十勝在住のネパール出身者らも加入し、昨年9月には同国大使を招いた交流会も開くなど縁の深い同協会関係者は、地震に深く心を痛めている。同国出身で副会長のアルジュン・アディカリさん(39)は「ネパールは地震がない国で、私自身も日本に来て初めて地震を体験した。建物も耐震構造になっていない」と被害拡大の背景を説明。「内陸なので支援も届きづらく、食料が一番困っている」という。「日本にいながら、できることをしていきたい」と協力を求める。

青年海外協力隊員として1990年から2年間、同国の首都カトマンズに滞在した編田会長は「できるだけ早く困っている人たちに届けたい」と理解と協力を呼び掛けている。募金は在日ネパール人協会を通じて被災者支援に充てる。

イオン帯広店は4月28日に募金活動を開始。店内直営各売り場のレジカウンター前に募金箱を設置している。同店は「被災した人たちが、一日も早く平常な暮らしを取り戻せるよう協力してほしい」とする。

同協会の募金活動の時間と場所は次の通り。

◇街頭
▽3日(午前11時~正午、午後1時~同2時)=藤丸前
▽4日(同)=長崎屋帯広店前

◇施設内
▽4~31日=ナマステ(西6南27)、ビスターレビスターレ帯広店(西18南5)、同2号店(西11北1)、スーリヤ(緑ケ丘7)

ネパール支援新聞社201551133712_sum240

Shortlink

十勝の関係者「すごく心配」 ネパール地震

ネパール中部で日本時間の25日午後、マグニチュード7・8の大地震が発生し、十勝で暮らすネパール人や同国の関係者たちは26日、家族や知人の無事を祈りながら、情報収集に当たっている。

帯広市内で飲食店を営むアルジュン・アディカリさん(39)=帯広ネパール協会副会長=は「離れているのですごく心配。たくさんの方の命が亡くなってしまった」と沈痛な口調で話す。

アルジュンさんは25日午後、所用で滞在中の旭川市内で、現地の友人のフェイスブックを見て地震発生を知った。現地で暮らす両親や知人に電話を掛けたがつながらず、日本に住むネパール人の友人からは次々と連絡が来た。首都カトマンズから約250キロにあるアルガハチ村に住む両親とは午後8時過ぎに電話で無事を確認できたが、兄とは連絡が取れておらず、友人や親戚の安否も確認できていない。

同国のチトワン国立公園で友人と共同出資で経営しているホテルについては「問題はないと聞いている。高層ビルではなくコテージなので、建物が壊れても大きな影響はないと思う」。在日ネパール人協会で支援内容を検討中で、アルジュンさんも現地入りすることを考えている。

アルジュンさんの妻スーニータさん(30)は帯広に引っ越してきてまだ2週間。テレビがつながっていないため、タブレットを手にSNSから流れてくる被災情報の一つひとつに目を凝らしている。

カトマンズに住む2人の弟やグルミ郡に暮らす両親と連絡が取れていない。スーニータさんは崩れた建物の写真を見ながら、「グルミ郡の家は伝統的な土と石づくりの建物で、60戸が全壊していると聞いた。家族も心配だが、国はもっと大変なことになっている」と静かに語った。

昨年8月にネパールとの交流を深めようと発足した帯広ネパール協会の編田照茂会長は「現地の友人とも連絡が取れず、報道でしか状況が分からない。(協会として)募金など支援をしていきたい」とし、情報収集に努めている。

 

Shortlink

編田前市議が十勝毎日新聞社に選挙結果報告

◆12日投開票の道議選帯広市区に出馬した編田照茂氏(60)=無所属=が来社

選挙結果報告で18日、十勝毎日新聞社を訪れた。

7人が立候補する激戦に敗れた編田氏は、選挙戦を振り返り「思った成績を残せなかったが全力を尽くした。結果を真摯(しんし)に受け止めるとともに、6262票という得票の重さを感じている」と話した。

今後については「落選して下を向いてしまうと、これから選挙に出たいと思う人にマイナスの影響を与えてしまう。しっかり前を向いていきたい」と述べるとともに「応援してくれた皆さんに恩返しできるのは、私の場合は政治の場でしかない」とし、政治活動の継続に含みを持たせた。

十勝毎日新聞社訪問1180871_sum240

 

Shortlink

応援をいただいたのに恩返しができず・・・・・

恩返せず
 編田さんは大通南22の特設会場で、支持者約30人と開票を見守った。落選が濃厚になると、「残念な結果になり、私の不徳の致すところ。応援をいただいたのに恩返しができず、本当に申し訳ない」と深々と頭を下げた。「選挙を通して深めた皆さんとの絆を大切にしていきたいと思う」と述べた。

道議選帯広市区(定数3)は12日、投開票が行われ、三津丈夫氏(69)=民主・前=がトップの1万7279票を獲得して6選を果たした。保守系候補乱立による混戦を抜けた清水拓也氏(40)=自民・新=が1万4033票で初陣を飾り、3枠目は唯一の現職山崎泉氏(41)=無所属・現=が1万2063票で滑り込み、議席を守った。

上野庸介氏(41)=無所属・新=は9729票、伊賀淳貴氏(53)=自民・新=は9350票で、保守分裂が響き当選圏に及ばなかった。佐々木とし子氏(60)=共産・新=は8245票、編田照茂氏(60)=無所属・新=は6262票だった。

 

5期務めた三津氏が昨年末の衆院選出馬で辞職し、小野寺秀氏が引退を表明して迎えた今回選。自民は清水、伊賀両氏を公認したが、公認漏れの上野、編田両氏も無所属で出馬し、党系列候補が乱立。民主は三津氏、共産も新人の佐々木氏を擁立、現職で新党大地系の山崎氏を含めた計7氏による激戦となった。

三津氏は保守分裂の中、唯一の民主公認として手堅く組織を固めた。出馬表明が1月下旬と遅く、支持母体の連合の動きも遅れたが、衆院選出馬の知名度もプラスとなり、4氏で争った前回得票(1万8747票)に迫る圧勝となった。

清水氏は政権与党の公認として、幅広い企業や団体の推薦を受け、組織選挙を展開。特に建設関係の企業を手堅く固めた。市議時代の後援会に加え、父親で前衆院議員、元道議の誠一氏の組織も動いて4年前の道議落選の雪辱を晴らした。

山崎氏は保守乱立の影響で苦戦したが、推薦する新党大地が終盤にてこ入れ。鈴木宗男代表秘書で次男の行二氏が帯広に入り、長女で衆院議員の貴子氏が街頭演説に立つなど全力支援。基盤の若年層支持も取り込み、当選枠に滑り込んだ。

上野氏は自民公認落ちで政党支援がなく、期待した公明票も分散して苦戦した。伊賀氏は知名度不足と出遅れが最後まで響き、中川郁子衆院議員の不祥事も誤算だった。佐々木氏は党の躍進を追い風としたが、無党派層に十分食い込みきれなかった。編田氏も組織・団体に頼らない選挙が広がりを欠き、候補乱立の中に沈んだ。

Shortlink

審判の日 万感の一票 道議選帯広市区、十勝区候補者が投票

道議選帯広市区(定数3)と十勝区(同4)は12日、有権者の「審判」を受ける投開票日を迎えた。9日間の選挙戦を終えた両区候補者12人は同日午前に投票所を訪れ、願いを込めた一票を投じた。

志受け止めて編田照茂氏
 編田さんは午前9時ごろ、自由が丘福祉センターで投票した。妻の祐子さんは期日前投票を済ませており、1人で訪れた編田さんは「後援会、地域の支えでここまで来ることができた。私の志を受け止めて支持してもらえればと願う」と話していた。

投票写真

 

Shortlink

選挙サンデー 住宅街や大型商業施設で訴え

3日に告示された道議選(12日投開票)の選挙期間中最初で最後の日曜日となった5日、十勝管内でも各候補が人が集まる場所などを回り、有権者への訴えを行った。帯広市区(定数3)では7候補が市内の住宅地や大型商業施設を重点的に回り、十勝区(定数4)の5候補は一人でも多くにアピールしようと、広大な選挙区を駆け巡った。

帯広市区に立候補した1人は、4、5日の土日は市街地を中心に選挙カーを走らせ、買い物客で賑わう大型商業施設を中心に10カ所以上で街頭演説をこなした。陣営幹部は「できる限り多くの有権者に訴える」と話す。別の候補も「小学校の入学式も近く、買い物客も多いだろう」(幹部)と土日は市街地に戦力を集中。住宅地や商業施設を巡り、街頭演説も平日より回数を増やした。

飲食店や小売店でのあいさつ回りを強化する候補者も。たすき姿で店を訪問することで「来店客にもアピールできる」。この時期の開催が多い市内町内会総会会場を訪問し、支持を呼びかけた陣営もある。

この土日はほとんどの陣営が住宅街や商業施設を重点化したため、ある陣営幹部は「どこを走っていても相手陣営の選挙カーとすれ違う。こちらの巡回ルートが相手に漏れているんじゃないか、と思うこともある」と苦笑する。

十勝区では、土日は各陣営とも広い管内町村部を縦横に駆け回った。大票田の帯広近郊3町に腰を据えた候補者もあれば、自身の支持基盤がある地域を巡って強化を図る陣営も。

ただ、12年ぶりの選挙戦だけに、ベテラン陣営でも段取りに戸惑いが残る。「遊説コースなど、12年前の資料をひっくり返して構築した。運動員も勝手が分からず、ちぐはぐになっている」との声も出る。

同日投開票の知事選が自公対野党連合の一騎打ちの構図になった上、市区と十勝区で最多の4公認候補を立てた自民党で、告示前に中川郁子衆院議員のスキャンダルが噴出。投票率低下が懸念される一方で、話題の多い選挙ともなっており、ある陣営幹部は「最近の国政選挙などと比べると、演説に熱心に耳を傾けてくれる有権者が多いと感じる」と手応えを話す。

挨拶周りの写真です。(編田本人です)

サンデー写真

 

Shortlink

帯広市区7人で立候補者確定

 

 

帯広市区7人、十勝区5人で立候補者確定

 道議選2015

北海道議会議員選挙は3日午後5時、立候補の届け出が締め切られ、帯広市区(定数3)は現職、前職、新人の計7人、十勝区(定数4)は現職、新人の計5人で確定し、選挙戦に突入する。

帯広市区に立候補したのは、届け出順に元会社員の伊賀淳貴氏(53)=自民・新=、前職の三津丈夫氏(69)=民主・前、前帯広市議の佐々木とし子氏(60)=共産・新=、前帯広市議の清水拓也氏(40)=自民・新=、現職の山崎泉氏(41)=無所属・1期、新党大地、民主、維新推薦=、前帯広市議の編田照茂氏(60)=無所属・新=、学校法人理事の上野庸介氏(41)=無所属・新=の7人。

十勝区は、前音更町議の山川秀正氏(62)=共産・新=と、池本柳次氏(68)=民主・4期、社民推薦=、喜多龍一氏(63)=自民・5期、公明推薦=、佐々木恵美子氏(65)=無所属・4期=、大谷亨氏(67)=自民・4期、公明推薦=の現職4氏の計5人。