Print Shortlink

TTPはみんなの問題

今回のTPP問題は、農業だけでなく、国内の多くの産業に大きな影響を与える問題です。「TPP参加」に関しては、国民的な課題として広く検討されるべき問題です。この度大田原北大名誉教授から、TPP参加に反対する理由と、TPP協定の内容、性格、平成開国論の危うさ、政府のこの問題に対する認識の浅さなどを分かりやすくお話しをいただきました。
今後も、十勝から、「農林漁業、食料・食の安全、環境、労働市場、地域産業、医療、金融など、くらし全般に与える影響と未来を」考え、多くの議員仲間や団体・協同組合と連携して、今回のTPP参加に対して反対の立場で行動を進めて行きます。この問題は、農業者だけの問題ではなく、国民全体で考えなければならない大事なことであることを多くの人達に訴えていきます。

Leave a Reply