Print Shortlink

帯広市区7人で立候補者確定

 

 

帯広市区7人、十勝区5人で立候補者確定

 道議選2015

北海道議会議員選挙は3日午後5時、立候補の届け出が締め切られ、帯広市区(定数3)は現職、前職、新人の計7人、十勝区(定数4)は現職、新人の計5人で確定し、選挙戦に突入する。

帯広市区に立候補したのは、届け出順に元会社員の伊賀淳貴氏(53)=自民・新=、前職の三津丈夫氏(69)=民主・前、前帯広市議の佐々木とし子氏(60)=共産・新=、前帯広市議の清水拓也氏(40)=自民・新=、現職の山崎泉氏(41)=無所属・1期、新党大地、民主、維新推薦=、前帯広市議の編田照茂氏(60)=無所属・新=、学校法人理事の上野庸介氏(41)=無所属・新=の7人。

十勝区は、前音更町議の山川秀正氏(62)=共産・新=と、池本柳次氏(68)=民主・4期、社民推薦=、喜多龍一氏(63)=自民・5期、公明推薦=、佐々木恵美子氏(65)=無所属・4期=、大谷亨氏(67)=自民・4期、公明推薦=の現職4氏の計5人。

 

Leave a Reply