Print Shortlink

審判の日 万感の一票 道議選帯広市区、十勝区候補者が投票

道議選帯広市区(定数3)と十勝区(同4)は12日、有権者の「審判」を受ける投開票日を迎えた。9日間の選挙戦を終えた両区候補者12人は同日午前に投票所を訪れ、願いを込めた一票を投じた。

志受け止めて編田照茂氏
 編田さんは午前9時ごろ、自由が丘福祉センターで投票した。妻の祐子さんは期日前投票を済ませており、1人で訪れた編田さんは「後援会、地域の支えでここまで来ることができた。私の志を受け止めて支持してもらえればと願う」と話していた。

投票写真

 

Leave a Reply